ホーム  >  フジケンについて  >  メッセージ

メッセージ
Message

暮らしのなかで、
幸せのそばで。
いつも寄り添う企業。

会長メッセージ

会長

皆様の毎日を
多面的にサポートする

生活総合企業へ昭和45年に個人創業し、2年後に富士建設株式会社(株式会社フジケンの前身)を設立したのが、フジケングループのはじまりです。 当時は日本全体が住宅建設ブームで沸き立っていた頃。私たちもその波に後押しされるように、成長することができました。当初からの基本方針は、地元密着であること。岡崎から西三河エリアを中心に多くの住宅をご提供していく中で、そこに暮らす皆様の毎日を、より豊かで充実したものにしたいと、事業の多角化にも取り組みはじめました。スポーツクラブ、リゾートホテル、介護福祉施設を手掛けることとなり、生活総合企業としての当グループの形が出来上がったのです。今後、ますます高齢化が進んでいく中で、シニアの皆様がもっと通いやすくて気軽にできるスポーツ施設や、いくつになっても生き生きと暮らせる高齢者施設など、取り組むべきテーマはいくつもあります。本業である住宅事業も、西三河エリアを一層充実させるとともに、名古屋エリア等への展開も進めています。これからも、地域の皆様の感動を創造する生活総合企業として、情熱と信念をもって邁進してまいります。

代表取締役会長牧甫

社長メッセージ

社長

さらなる事業の充実を図り、
新たな挑戦も視野に

フジケングループは、地域の皆様の生活の基盤を創っている住宅事業をはじめ、家族の健康維持・増進を図るスポーツクラブ事業、非日常の時間と空間でおもてなしするリゾート事業、高齢者福祉に貢献する介護福祉事業を展開しています。まずはこれらの事業の充実を図り、より洗練させることに注力していきます。基幹事業である住宅事業に関しては、そこに暮らすお客様同士の結びつきと、さらに私たちフジケングループとの結びつきを、より強くするためのコミュニティづくりが非常に大切です。家を引き渡してそれで終わりではない、新たな絆を構築し、進化させていくための様々な取組みを考えています。これからも、地元西三河エリアに軸足を置き、住宅をはじめすべての事業分野において、一層充実度を高め地域貢献を行っていきます。その上で、既に実績のある名古屋地区や、ベトナムなど海外での住宅建設といった、西三河以外へのエリア展開も見据えています。特に市場として成長余地がある新興国へは、私たちが手掛ける高品質な住宅をローカライズして提供すること、そしてその地域に根ざした取組みという、私たちが培ってきたノウハウ・強みを武器として展開していきたいと考えています。

代表取締役社長牧久