ホーム  >  中途採用  >  住宅販売営業職インタビュー

Interview

落合 大
Masaru Ochiai

住宅販売営業職
2017年入社

アクセサリー販売からの転身

前職はアクセサリー販売を行っていましたが、もっと大きな商品を扱いたい、挑戦してみたいとの思いから転職を決めました。前職も今も営業と販売という根本は変わりませんが、フジケンではお客様自身のことや生活背景をもっと考えてから話すようになりましたね。家とは生きていく上で絶対に必要なものですが、アクセサリーは必ずしもそうではありませんからね。
入社して2か月目くらいで最初の契約が決まりましたが、僕は2か月で契約が取れなかったら辞めようと自分の中でルールをつくっていたので良かったです(笑) 最初の半年くらいはなかなか上手くいかずに苦労しましたが、いきなり何かのコツをつかんで、そこからご契約をいただくようになりましたね。フジケンにはそういう若手社員が多いみたいです。

真剣さも熱量も今までの仕事以上

住宅は高額商品になるのでお客様がとても真剣です。だから僕らもそれに負けないくらい真剣にならなければいけません。最終的にご購入いただき、お住まいいただくことが目的ですので、僕たちの提案とお客様の希望を寄せていくことも大事になってきます。そのため、前職と比べると、1回の商談に対する真剣味が全然違います。もちろん客単価も全然違いますが、接客にそそぐ熱量は今の方が格段に上ですね。その分ご契約をいただけたときは、楽しいし、うれしいし、気持ちいい(笑)それは間違いないです。

インタビューの様子

営業に必要なのは成長意欲

フジケンの営業に向いているのは、目標達成にやりがいを感じられるか、数字を追うことに興味があるか、他の人には負けたくないというプライドがあるか、1番であることが好きか、といった要素がある方ではないでしょうか。そういった要素がない方はある程度のところで成長が止まってしまうのではと思いますね。
あとは、フジケンは若手の話をちゃんと聞いてくれて、お客様と接する機会も早くから与えてもらえます。同業他社ではある程度の商談レベルに達しなければ商談時に同席することもできないと聞いたことがありましたので、一つの商談を大切に、真剣に取り組むことでどんどん成長していけると思います。

営業の様子

社内を変えるためにまずは結果

出世は人に認められてできるものだと思っています。そのためにはまず結果。あとはそれ以外、後輩の教育や周囲への気配りなど総合的に評価されないといけないですよね。なので、今年は1年間で30件の契約を目指しています。
僕はフジケンの中でも風格がなければ、数学も苦手、字もきたない。そんな僕でも、ありがたい環境で充実感を持って働くことができているので、本当にやる気さえあればできる。僕は「これだけは負けない何か」が欲しい人なんです。そしてプライドが高い(笑)一番じゃないと嫌なんです。だから好きなことも言いたい、役職にも就きたい。でも、そのためには結果を出さないと。そこが今の僕のモチベーションになっているかなと思います。