ホーム  >  新卒採用  >  住宅販売営業職 vol.01インタビュー

Interview

大松 鋼平
Kohei Omatsu

住宅販売営業職
2018年入社

会社説明会で雰囲気を体感

僕は営業職を志望していたものの、営業とは数字に追われて殺伐とした雰囲気の中で働いているというイメージを持っていました。そんなとき参加した企業説明会で、社員間で楽しそうに話している様子や学生に話しかけている姿に親しみを感じました。雰囲気の良い職場で営業として目標数字を追い求めたい、そう思いフジケンへの入社を決めました。

目指すのはトークがうまい営業

部署だけでなく先輩もいろんなタイプの方がいますので、チームによって、教育方法は様々だと思います。説得力のある説明を得意として商談する先輩もいれば、コミュニケーション能力を活かしてお客様との距離を一気に縮める先輩もいます。どんな営業スタイルでも成果を出すことが一番だと思いますが、個人的にはお客様の心を掴むトークができるよう努力しています。

インタビューの様子

他社の友人よりも一歩先へ

入社してからは上司に付きっきりで教えていただける環境でしたので、ずっと同行して学ばせていただきました。お客様へのアプローチ方法、商談の進め方、アフターフォローなど、最初は上司のサポートもありましたが、僕の場合は入社3か月ぐらい経つと一人で商談を行えるようなりました。学生時代の友人で他の会社の1年目と仕事の話をしていても、責任感のある仕事を任せてもらえているように感じます。その分、早く成長できるので、もっと頑張りたいと思います。

数回目の契約でようやく達成感

初めて契約をいただいたとき、正直「自分でやった!」という実感はほとんどありませんでした。きっかけこそ自分でつくりましたが、まだ分からないことも多く、商談のメイン部分や手続き等はほぼ上司に助けていただき、僕は書類を届けるなどのサポートする側に回っていたからだと思います。先輩の話でも初めて契約いただいたときは、それほど実感がないと聞きます。僕も「自分1人で契約をいただけた!」と思えたのは3回目以降の契約でした。そのときは本当に嬉しかったですね。

営業で気持ち良い瞬間

最近は商談をしていて契約をいただけそうな流れが分かるようになりました。「良い流れになってきた」みたいな感じです。購入タイミングを悩んでいたお客様が僕の話で考えが変わり、「大松さんの話を聞いて、今が住宅の買い時だとわかりました!」と言われるのは、契約をいただくことと同様にうれしいですね、うれしいより「気持ちいい!」かもしれません(笑)もちろん最終的に目標達成することが求められますが、そういった瞬間はこの仕事の醍醐味だと思います。